トップページ > 技術情報 > 多チャンネル地震探鉱機

「技術情報」私たちは、地下資源探査等に特化した豊富な技術力でお客様の課題に対し、様々なアプローチによって解決へと導きます。

調査用機器

多チャンネル地震探鉱機

反射法地震探査-特に三次元探査では、1,000チャンネルを越える大量のデータ取得が必要です。このために独自に自社開発した多チャネルデジタルテレメトリ地震探査記録システム(G・DAPS)を使用しております。初めに陸域用システムとして開発され、その後、浅海域システムを開発し、無線中継用装置や小型可搬式装置などが追加開発されました。これらの装置は海域・陸域・海陸接続域に配置した複数のデータ収録システムを統一的に制御できるように設計されており、特に浅海用システムと陸域用システムの記録装置を同時稼動させ、海陸の異種振源により陸海境界域の探査を行うことは、世界的にも先進的な技術です。

本装置は既に製造・販売を終了しましたが、現在も当社の主力データ収録システムとして活躍しています。また、大学・研究機関や民間調査会社の各種現場作業でも使用されています。

なお最近Sercel社製地震探査収録システムを導入し、将来の調査ニーズに対応可能となるような準備がなされております。

GDAPS地震探鉱機

▲ページトップへもどる

Copyright (c) JGI, Inc. All Rights Reserved.