トップページ > 技術情報 > 基本データ処理

「技術情報」私たちは、地下資源探査等に特化した豊富な技術力でお客様の課題に対し、様々なアプローチによって解決へと導きます。

震探データ処理解析

地震探査 基本データ処理

反射法地震探査で取得したデータを用いて、基本工程に従い最終的な反射断面データを作成します。

図-1 処理フロー概要

図-1 処理フロー概要

図-2 現場記録(一定間隔で選択し並べたもの)

① データ編集

現場データを処理計算が可能な形式に変換するとともに、発振点や受振点の位置情報を入力し、最終的に地下構造を正しく示すことが可能なようにデータを並べ替えます。

図-3 データ編集(CMPソート)

図-3 データ編集(CMPソート)

▲ページトップへもどる

② 振幅補償

地下のより深いところで反射して戻ってきた反射波は、振幅がより減衰していることから、これを補うような振幅補償をします

▲ページトップへもどる

③ デコンボリューション

現場で取得される弾性波は、振源波形やデータ収録システムの特性といった様々な影響により変形を受けており、そのままの波形であれば地下のイメージを正しく表現できないため、一つの反射面に対応するようなシャープなパルス状の波形に変換します

図-4 振幅補償とデコンボリューションの適用(図-2の記録に対して)

図-4 振幅補償とデコンボリューションの適用(図-2の記録に対して)

▲ページトップへもどる

④ 静補正

陸域でのデータ取得の場合、風化層などのごく浅い層の弾性波速度の違いや標高の変化が反射波の到達時間に影響を与えることから、これを補正します。 当社はこの補正値を、弾性波が境界面に沿って伝わる屈折波の到達時間を読み取り、静補正解析ソフト(iRAS)を用いて計算します。

▲ページトップへもどる

⑤ 速度解析

弾性波が伝播する速度変化を解析し、結果は次に述べるNMO補正に使用します。当社はモニター上に多種の異なる速度データ、品質管理デ-タおよび解析結果の表示が可能となっている速度解析ソフト(iVAS)を用いております。

図-5 iVASによる速度解析

図-5 iVASによる速度解析

▲ページトップへもどる

⑥ NMO
(Normal Move Out)補正

離れた発振点と受振点の組み合わせで収録されたデータを、仮想的に同じ点で発振・受振したデータに変換することにより、収録された反射データの時間の遅れを補正し、同一反射データが同じ時刻に到達したように補正します

図-6 NMO補正の適用(図-4の記録に対して)

図-6 NMO補正の適用(図-4の記録に対して)

▲ページトップへもどる

⑦ 重合

地下の同じ場所から反射したとみなすことができる数十から数百のデータを足し合わせ、1つのデータにすることで、不要な波を抑制し、有用な反射波だけを強調した反射断面データ(重合記録断面)を作成します。

図-7 重合記録断面図

図-7 重合記録断面図

▲ページトップへもどる

⑧ マイグレーション

地層傾斜が存在すれば、反射する点は鉛直下方とはならないことから、反射波を正しい位置に移動する処理(時間マイグレーション)を行い、より正しい反射断面イメージを作成します。

図-8 時間マイグレーション断面図


基本処理では以上の工程を経て、最終的な反射地震断面図が作成されます。 この基本処理には、最近ではさらに精度が高く、かつ反射波を強調し雑音(ノイズ)を低減(S/N比を向上)させる処理手法が継続的に開発されており、当社でも自社開発を行い、また必要に応じて外部ソフトウエアを導入し適用しております




ノイズの抑制

ノイズ抑制の例として弊社でよく用いられている手法を紹介します。

Data-Adaptive Time Variant FilterDATVF

細分した時間ゲート毎に特定の周波数範囲での平均振幅を計算し、指定した閾値を超えるゲートに対して振幅のスケーリングを行います。時間的・空間的に局在し、反射波とは異なる周波数帯域を有するノイズを抑制することができます。



         図ー9 ショット記録において不要な表面波を抑制した例


Trace Edit in Frequency-Space Domain

周波数領域における振幅の比較により不良トレースを検出し、空間ゲート内の正常なデータを用いて不良箇所を復元します。波浪ノイズや交通ノイズなど、空間的に局在するノイズの抑制に用いられます。



         図-10 海上の記録において波浪ノイズを抑制した例
                (左:オリジナル、中:波浪ノイズを除いた結果、右:除去されたノイズ成分)







▲ページトップへもどる

Copyright (c) JGI, Inc. All Rights Reserved.