トップページ > 技術情報 > 反射法地震探査

「技術情報」私たちは、地下資源探査等に特化した豊富な技術力でお客様の課題に対し、様々なアプローチによって解決へと導きます。

物理探査

反射法地震探査

反射法地震探査は、地表の近くで人工的に発生させた振動(弾性波)が下方に進行し、速度と密度が変化する地下境界面で反射して、再び地表へ戻ってきたところを受振器(地震計)で捉え、 収録された記録を処理・解析することにより、地下構造を解明する手法です。捉えられた反射波の到達時間と振幅を処理・解析することにより、地下の速度構造と地質構造形態が明らかになります。
〔反射法地震探査の概要〕

種々の場所において地震探査データ収録を可能とするために、振源としてダイナマイト、大型・中型のバイブレータ、エアガンを用いて、受振器としてジオフォン(1成分、3成分)、ハイドロフォン、曳航型受振ケーブル(ストリーマー)、海底設置型受振ケーブル(OBC; Ocean Bottom Cable)等を利用して、状況に応じてそれらを組み合わせて調査を実施しています。

それらのシステムの適用例として、陸域においては大型バイブレータと約3,000チャンネルの受振点を用いた広域3次元探査を実施しており、浅海域においては、各種受発振システムを統合し、陸域から海域に亘り継ぎ目のない(シームレス)海陸接続域3次元調査を実現しています。


また、測位システムとして、陸域ではRTK-GPSReal Time Kinematic GPS)システムをいち早く導入し、海域では船位を測定するためにDGPSDifferential GPS)システムを使用した独自の無線式航法システムを保有しています。応用事例として、海域でそれぞれDGPSを搭載した発振船および受振船を別途用意し、2船同時に運用して測位を行い、1船では不可能な長大な発振点・受振点間距離(オフセット距離)を有するデータを取得しています。

近年注目されるS波解析に対しては、陸域では3成分データの取得は一般的な技術となっていますが、当社は海域におけるP-S変換波の利用に着目し、海中においては収録不可能な多成分データを、受振器を海底設置することにより可能とし、その応用に係る研究・開発を行っています。

Copyright (c) JGI, Inc. All Rights Reserved.